スマホでサービスマニュアルを見るという便利さ☆

秋田県在住のワタシの友人から

「カワサキ15Fで点火系のトラブルになってて、、、何かヒントを~」

とSOSが届きまして

電話であれこれお聞きすると

ひとまずは、カムポジセンサーっぽい。

友人は自分で工具を持てる人なので

サービスマニュアルさえあれば、診断していけるでしょう☆

ってことで、ジェットスターのサイトから

サービスマニュアルをタップして~

3メーカーの一覧が出ますので~

お目当てのジェットを探しだし~

PDFのボタンを押すと、まるごと1冊

一瞬でダウンロード完了☆

目次を見て~

電装系のページから~

カムポジに関する記述を見つけ出し~

センサー内部の抵抗値を計りましょう~

と言うことがわかりますね☆

ちなみに、テスターの精度もあるのて、抵抗値が正常範囲でも、怪しいときがあります。

電気部品は冷感時だけじゃなく、高温環境で正常な数値が出るかも見極めないといけない時もありますので

違う個体のパーツと交換するスワップテストが1番の近道☆

Kさ~ん、症状が絞れてきたら

また連絡くださ~い☆

エキサイター220というモデル。 船舶番号253-20634

先日、福井県のマリーナさんからお譲りいたたいた5人乗りのジェットボート

ヤマハ エキサイター220

(17フィートの船体に110馬力エンジンを2基=220馬力)

この子、なかなかのレア艇でして

当時、新艇の販売数もかなり少なかったモデルでして

あれからウン十年経過し

今や現存する個体も極めて少ない。。。

そういうのに弱いワタクシ。

レストアして商品化する方向性に~☆

黄色とムラサキのシートが、90年代を感じさせますねぇ~

むしろ1周以上回って、いまや、チョッとオシャレに見える感も(マジに

大切なエンジンは、片側が死亡してて

もう片側のコンディションもわかりません。

ここらへんはジェットスターパーツセンターの得意分野だから、なんの心配もなく事を進めて行けるので問題なし。

って

この時代のパーツを山盛り在庫してるなんて、日本国内ではウチぐらいかと☺️

だから復活のノロシを上げれるんです~

さて

まずは丸1日かけて

とにかく洗います。

アチコチ外して

へー

そんなとこも外すの?

っとこまで外して

徹底的に洗います。

これがとても大切な作業で、洗いながらアチコチくまなく見て、不具合を見つけたり、不具合が出そうなところを予防したりと、レストアの作戦を練るための下見でもあります。

洗って洗って洗い倒すこと

3時間あまり。。。

なんとなくイイ雰囲気が出てきてやる気アップ⤴️

トニモカクニモ

まずはキレイにして、モチベーション上げて

作業を進めていく。

これワタシのマイルール。

さてさて

続きはまた今度~

ウェイクサーフィンチャレンジ2

#ジェットスター
#ウェイクサーフィンチャレンジ

アメリカ製の波質改善マシーン

ジェットポンプ特有のアワアワで
散らかる水流を真ん中に集めるらしく
ウェイクサーフィンだけじゃなく
ウェイクボードにも効果的らしい

そこそこ集まったけど
ぶつかった波が上に泡立つという副作用も発生。

細かな調整で改善できるのかな?

水を重りにするバラストタンク。
積み込む位置で波の形がゼンゼン違う。

まだまだ出口が見えません🐤

ウェイクサーフィンチャレンジ

近年流行りの
#ウェイクサーフィン

#ジェットボート だと
アワアワの波だから
イマイチ楽しめない

そこをなんとかしたいと
試行錯誤しています

#ジェットスター
#ウェイクサーフィンチャレンジ
#AR242
#230WAKE

#wakesurf
#wakesurfing
#wakeboard
#wakeboarding