整備がドンドン進むよ。エキサイター220 (船舶番号253-20634)

片側のエンジンを降ろして、日が落ちたので、翌朝続きを開始☆

気持ちよく晴れたスカイブルーの中、エンジンを吊り上げまして

やるべきことを粛々と進めていきます~

まずはチャンバー内部の砂出し作業。

このモデルのチャンバーは冷却水が通るルートに、とにかく砂がつまります。

砂がつまりすぎて、オーバーヒート気味になったり、ゴムホースが溶けたり、チャンバーが割れたりと、致命的なトラブルを起こす原因となりますので、当店では必ず砂詰まりのメンテナンスはかかしません。

高圧エアーを送り込むと

ザラザラと出るわ出るわの砂と塩。

チャンバー2本分で、写真に写る砂の2倍はでましたね。

こういうのホント気持ちいい作業です☆

2つのエンジンが降りたエンジンルームは

ご覧の通りの惨状、、、汚

掃除がメチャクチャ楽しみです。

さて、2サイクルエンジンの象徴、どでかいオイルタンク。

こちらも取り外しまして

エンジンにオイルを送り込むホースを交換です。

経年劣化で驚くほど固くなっていまして

まるでプラスチック管のような硬さで、ニッパーでは歯が立ちませんでした。

他にアレコレと工具を試しましたが、歯が立たず。

で、結局コレ↓

数々の整備をこなしてきましたが、ノコギリでオイルホースを切るのは初めてですねぇ苦笑

さて、エンジンがなくなり、今こそチャンス。ということでステアリングケーブルの入れ換えを行いました。

これがなかなかカンタンにはいかず、エンジンがないのにもかかわらず、けっこう苦戦してなんとか交換完了。

予想以上に手こずりました。。。

でも、これで5~10年は大丈夫でしょう。

ケーブル交換の山場を終え、楽しみにしていたエンジンルームのクリーニングに没頭すること小一時間。

ご覧ください。この白い肌↓

↓これが↓

これです↓

この瞬間がたまりません☆

まるで新艇のようなエンジンルームになりました。

他の部位も掃除しまくり磨きまくって、キレイに仕上げる予定ですよ~

さて

砂出し作業を施したチャンバー。

洗浄剤を用いて、内部や外部をクリーニングしまして

ノコギリタンクも

もちろんクリーニング完了☆

初日に戦ったジェットポンプもピカピカに仕上がってます☆

排気汚れとグリス汚れがひどかったコチラもピカピカに。

とにかく掃除、掃除の2日目となりました。

どんどんキレイになるエキサイター220ちゃん。

エンジン積込が待ち遠しいですねぇ~

お次はまた今度☆

トーキョー出張

無事にイズミマリーンさんに到着し
昨晩は高級焼肉をごちそうになり

雨が上がった今日

最新モデルの
#シーレイ320サンダンサー
#イグザルト36
#カーバー38
などなどを見せていただき
5~6000万円クラスのクルーザーのお勉強会までいただきました~

船舶リースって残価設定ができるらしく5000万とかでも月々ウン十万円で買えるらしい。

スーパーカーの新車を買っても、すぐに新しいモデルが出て
アレレな感じを味わうくらいなら

人が持っていないクルーザー買ったほうが、満足度やプレミアム感が高いと思うな~

いや~勉強になりました✨

業務連絡 沖縄県のHさま。

遠くは沖縄県からご商談いただいておりました、ヤマハFX-HOのRIDE付モデル。

本日、ご入金いただきまして、めでたくご成約いただきました☆

さっそく本日、納艇への準備を取りかからせていただきました~

エンジンオイル、オイルフィルター、スパークプラグ、そしてバッテリー。

すべて新品に交換させていただきます。

オイルを抜き取りつつ

オイルフィルターを交換させていただき

スパークプラグも新品に交換です

以前のオーナーさまはイリジウムプラグを入れておられたようですね~

車やバイクのようなトランスミッションがないジェットスキーは超高回転で連続走行しますので、プラグの消耗が早く、電極が細いイリジウムだと長持ちしない可能性がありますので、耐久性重視のヤマハ指定プラグLFR6Aに交換させていただきました。

さて、お次はバッテリーの作成です。

バッテリーも当店ではジャパンブランドのユアサ製しか使いません。

とにかく信頼性が段違いに高い。

逆を言うと、安物バッテリーは信頼性が低いんです。

朝、普通に始動してたのに

昼、突然かからない。

そんなトラブルはユアサでは発生しませんからね~

そして、ケーブルを固定するボルトには、耐水グリスを塗布

これをするかしないか。1年後に大きな差がでるんですよ~

そして、結束バンド。

ココと

ココに使います。

ボルトの取り外しをした際に、コロン。とナットを落としたことがある方。

せっかくのジェットがナット1個で乗れなくなって1日をムダにされたことがある方。

たったこれだけで、未然に防げますYO

補充電をさせていただきまして

船内にインストール。

ん~実に快音♪

不安要素が微塵も感じられません。

最高☆

そしてそして

なんと。

そのままのイキオイで、水上テストまで行ってまいりました。

ゲレンデに着くと、風もなく、ベタベタの水面。

マリンウェアなどに着替えなくても、私服でぜんぜん乗れちゃう感じでした

メチャクチャ気持ちよかったですよ~

トップスピードはGPS計測で97キロをマーク

申し分ない、素晴らしい状態でした◎

乗り終えたころには、日が落ちる寸前。

ジェットは日の出から日没までしか乗れませんから、ギリギリ間に合いました◎

このFXであれば、遠方のお客様でも安心してお出しできる良艇です。

この度は超遠方でありながら、お買い上げいただきましてありがとうございました。

ぜひ楽しみにお待ちくださいませm(__)m

悩みに悩んで~やっぱりレストア開始☆ (船舶番号253-20634)

珍しいジェットボート。

ヤマハ エキサイター220ちゃん。

当店に来たときは

片側のエンジンが死んでいたり

ステアリングケーブルが完全固着してたり

アチコチ傷みが出始めていて、廃船の方向だった220をレストアすることにしたものの。。。

世界中から部品調達をしていたら、気がつけば秋深し。

寒波が来てるらしく、外作業はチョッときついね。ってことでパーツセンターのピットにインストール⛵

まずはエンジンを降ろすことから始めます。

ヤマハ1100ccキャブレターエンジン

耐久性が高く、1100ccエンジンを搭載したマリンジェットは長く長くロングライフで乗ることができた良いモデルでした。

2サイクルエンジンを降ろすのも久しぶり。

チャンバーを取り外し、配線を取り外したら、あとはそのままゴッソリ船体から抜き取ります。

ついでに、他の部位も診ていくのがプロショップの仕事。

ジェットポンプの上側のケースを取り外し

電動ビルジポンプの点検清掃や

安全装置のためのハッチ開閉センサーの点検

固着していたステアリングケーブルの新品交換

書き出したらキリがないぐらいの項目を点検、メンテナンスしていきます。

さらに~

ジェットポンプも取り外して

プロペラの状態や、ポンプベアリングの状態を点検していきます

画像では伝わりにくいと思いますが、なかなかの汚れ具合で、組戻す前にクリーニングして、油汚れをさっぱりキレイにしますよ~

左舷側のポンプだけじゃなくて~

もちろん右舷側も取り外しまして

プロペラをチェック☆

とてもキレイなペラで、そのまま使用できる良い状態でした。

ポンプのベアリングも、たいへんスムーズで、異音などは一切なかったので、このまま使用できます◎

レストア作業も始まったばかり。

まだまだこれから山盛りの作業項目がありますが、やっぱりレストア整備って楽しいわ~

今までの知識と経験がこれでもか!って生きるから最高☆

エキサイター220ちゃん。

いいボートに仕上がりますよ~

お楽しみに☆