シーレイ230も仕上げる。

『牽引できるクルーザー シーレイ230』

ブログを見てくださった、仲の良いマリン業者さんから

「牽引できる。って、そのサイズ引っ張れるの田口さんだけですよ。普通の人は引っ張れませんって。」

と的確な一般論を頂戴しておりますが、アメリカでは普通にユーザーさんが引っ張ってますので、アメリカに負けるな的なトーイングライフをしてくださるオーナーさん大募集です(謎)

さて、ステアリング関連が落ち着き、お次は~

これ↓

なにやらゴリゴリやっております。

この穴。

1.5㍉厚のステンレス板に直径76㍉の穴を開けたのですが、残念ながらウチにはちょうどいい道具がなくて。。。

小さな穴を50個ほど開けて、丸にしまして、そのあとをサンディングで整える。という実に原始的で、労力の必要な穴開けワーク。

プラズマとかあったら1分の作業なのに、約3時間を費やし、無事完成(。´Д⊂)

この穴は~

コレ↓

マリンオーディオです☆

やっぱりBOSSマリン製◎

もともとあった1DIN取付穴はふさいで、別の場所に丸型オーディオをマウントしたかったんですよ~

なんかチョッとひと味変えたかったんです( ゚Д゚)

そして、、、

これが、ほぼ完成形のドライバーズエリアの全貌です↓

おっと。

マスキングを外しまして、もう一度↓

ん?

ん?

なんか白いモノ写りこんでますね↑

これは、、、

ババン!

ドライバーズチェア~☆

こだわりに、こだわった

ツインフリップアップシーーート!

ボート操船には絶対ホシイ、目線が高くなるフリップアップできるタイプ⤴️

グッと座面が高くなるんですが、船は先端が上がった状態で航行しますので、コレ絶対ホシイ装備なんです。

むしろ、この状態で操船するほうが多いぐらいです(マジ

だからどうしても搭載したかったんですよねぇ~

さらにさらに~

だけじゃなくて~

なんと

背もたれが反対にw(゜o゜)w

回転させたわけじゃなくて、背もたれ自体がスイングするシートです。

実は、このシーレイちゃん

運転席エリアと後部エリアに段差があって、使い勝手が微妙だったのですが

それを逆手に取りまして

後ろ向きに座ると、この段差が逆に快適で足にピッタリ☆

ん~大満足☆

ちなみに、、、

このスペシャルシートとペデスタル(支柱)のセットでなんと15万円

ネット通販で有名なマリンジェイコムさんでも最安12万円しちゃう高価なセットです

船の販売価格から考えれば、もっと安いシートでも良かったのに。

とか言わないでくださいね。ボートって、ステアリングとシートはもっとも触れるモノなので、こだわりたかったんですよ~

ってことで、シーレイ230ちゃんのリメイクも終盤に差し掛かり

あとは・・・

コレ↓次世代デッキマットを残すのみ。

もちろんシーレイちゃんにもこのマット投入しますよ~(驚

早く入荷しないかなぁ~♪


ジェットスターが手がける安心できる中古艇ならこちらからどうぞ☆


常時在庫9000点!ジェットスキー中古パーツを探すならコチラ☆


スグ使える。中古トレーラーをお探しの方はコチラ☆