中古のジェットボートを整備する。ということ。

長年、親しくさせていただいているマリン業者さんから

「エンジンは始動するものの、前に進まないジェットボートがあるのですが・・・」

と、中古艇の状況をお聞きし、このモデルなら何艇も重整備しているので、ウチなら復活できますよ~

と、満を持して買い取りさせていただいたシードゥの2004年モデルのスピードスター200ちゃん。

すでに何艇も手掛けてますから、先の先までサキヨミできますし、中古パーツもシードゥパーツだけで3000点近く在庫していますので、完売しているパーツがあっても問題ナシ!

金曜日なので、足取り軽く♪工具も軽く♪

作業を始めてマイリマース☆

まずは、このエンジンハッチを取り外さないと何もできないのがスーピードスター200・・・

ところが、このハッチを固定しているボルトが折れます。

しかも、すごくイヤな所で折れます(汗

それが、整備開始の合図みたいなモノです(苦笑

となりのマリンモーターネオの下でスタッフが作業中(^ω^)

慣れているとはいえ、作業しづらい体勢で、アレコレあれこれアレコレ取り外していきます💦

やっぱり乗りっぱなし艇ですねぇ~

ひとすじ縄では行きません(ToT)

お約束のエンジンマウントは、ほぼ全滅だし

↓ドライブシャフトは、まるで海の中から引上げてきたような状態ですし

このサビ錆びのパイプを抜かないと、絶対にエンジンが降ろせないのがジェットボートの宿命・・・

メーカーの2種類の専用工具を試みるも、まったく歯が立たずで

結局・・・

こんな作業を行いまして、取り外せたワケで。

まぁ、よくあります。

そんなこんなで右舷エンジンを救出~☆

左舷エンジンはさらに上級編で、ガチガチに固まっているドライブシャフトを切断せず取り外すという至難に直面し、アレコレ戦いまくりで、写真を撮る余裕もなく予定より2時間オーバーし、2基目を救出~☆

6個のエンジンマウントは5個がNG。

無事だった1個も、いつ切れるかわからないような状態。

ま、これもいつものコトです(苦笑

そしてエンジンは、当店のクリーニング専門スタッフさんにお願いして、塩を落とし、サビを落とし、黒く塗りなおしてもらいま~す☆ 

いや~今回も、気持ちよく汚いエンジンルーム。

水アカ、油ヨゴレ、漏れた冷却水、砂にホコリに、工具まで。

それもこれも10年に渡りオーナーさんを楽しませてきた証ですからね~。

そんな重症の中古艇を復活させる重整備って、楽しい!!!

何艇でもモッテコイヤ!って気分です☆

スピードスター200 310馬力モデルは、スーパーチャージャーなしで燃費も良く、それでもNAエンジンらしく、ビンビン軽快に走りますので、とても良いモデルなんですよ~

今回も、少しカスタムを施して、目立ちたがり屋さんのジェットボートに仕上げたいと思ってま~す(爆音

ではでは続きはまた今度~☆