V型 6気筒 4300ccエンジンを学ぶ

ついに組みあがったマークルーザー V6 4300cc のガソリンエンジン。

地元のお客さんが、個人売買で現状のままボートを購入し、1回目の航海で、まさかの海上でエンジンストップ。

エンジンを降ろして原因を調べてみると、、、


まさかの事態💦

この原因は、メンテナンス不良のまま海上へ飛び出し、オーバーヒートして、ヘッドガスケットが吹き飛び、冷却水がシリンダー内部に混入、、、

内部は、やはり大惨事。

ヘッドガスケットが吹き飛んだバンクだけ、見事に大惨事💦

ただ、幸いにも

クランクシャフトは軽傷でしたので、自分の勉強も兼ねて、V6エンジン再生の道を選んだのが、去年の秋。

ジェットスキーのエンジンは数えきれないほど診てきましたが、年代物のアメ車と同じタイプのV6 4300ccを組み上げるのは初めて。

サービスマニュアルを熟読しても、わからないことだらけで

先輩マリン業者さんにお聞きしたり

東京イズミマリーンの番頭さんにドンピシャなアドバイスを頂いたりと

自分の力だけでは組み上げれず

まわりの方々にサポートいただいて、なんとかなんとか

組み上げ完了(感無量

正直、エンジンが始動するかどうかわかりません

船内にインストールして、配線を接続して、キーを回すまではわかりませんので・・・

ドキドキするなぁ~

ただ、これだけは言えますね。

ホントに勉強になりました。

自分のスキルアップになったコトは間違いないわけで

下手な講習会に出るよりも、より実践的にスキルアップできました。

これからエンジンインストールです。

続きはまた今度~☆